平成28年4月入学者から適用

専門実践教育訓練給付制度の講座として厚生労働大臣による指定を受けました

教育訓練給付金とは?

次の「教育訓練給付金」と「教育訓練支援給付金」の2種類で、概要は下記のとおりです。

1. 教育訓練給付金

雇用保険に加入中の方または資格喪失から原則1年以内の方であって、雇用保険加入期間が通算で10年以上(初めて本制度の給付を受ける方は2年)ある方が、あらかじめハローワークで申請手続きを行った上で本制度の講座を受講した場合、受講中に教育訓練経費(入学金、授業料等)の40%(年間上限額32万円)を、さらに卒業後1年以内に資格を取得し、就職して雇用保険に加入すれば、さらに20%が追加して支給される制度です。

※助産師養成課程(助産学科)、看護師養成課程(第1看護学科、第2看護学科)、准看護師養成課程(准看護科)を受講し、修了認定基準を満たした場合が対象となります。

2. 教育訓練支援給付金

専門実践教育訓練給付金の受給資格者のうち、一定の条件を満たした方が失業状態にある場合に、あらかじめハローワークで申請手続きを行った上で本制度の講座を受講した場合、原則として離職する直前の6ヶ月の賃金の50%が支給される制度です。

※看護師養成課程(第2看護学科)は対象となりません。

申請手続き

入学式の1ヶ月前までにお住まいの管轄のハローワークにて申請手続きを行ってください。申請手続き等の詳細はハローワークにご相談ください。

教育訓練給付制度について/厚生労働省