実践家として自立した助産師の育成

教育目的

生命の尊厳を基盤とした高い倫理性と、助産の実践に必要な専門知識・技術及び態度をもち、広く社会に貢献できる助産師を育成します。

資格・特典

助産学科卒業時に、下記の資格等が取得できます。

  • 助産師国家試験受験資格
  • 受胎調節実地指導員の申請資格
  • 新生児蘇生法講習会Bコース修了
  • 母乳育児支援20時間基礎セミナー修了

助産学科 科長メッセージ

本校助産学科は、地域の小規模医療施設等で活躍する実践家としての助産師の育成を目標としています。
教育課程は、女性の生涯を通して性と生殖をめぐる健康への支援を学ぶことをねらいとしています。
なかでも、複雑な人間関係に対応できる実践的なコミュニケーション能力などを習得するために、校外で集中講義と演習を取り入れています。
学内演習の充実を図り、スムーズに臨地実習を臨めるようにしています。
臨地実習では、分娩介助技術力の獲得を中心に、妊娠・出産・育児に関する様々な相談やケアを助産師としての基本的な態度を培っています。
卒業生が地域で活躍しているのが楽しみで、学生とともに更によき助産師教育をめざしていきます。

卒業後の状況

助産師国家試験合格率(学校評価に準ずる)
卒業後の進路状況

卒業後の主な就職先(県内)