おいでよ! 准看護師になりたい 社会人のみなさま


私は、平成22年に大村看護高等専修学校へ入学しました。大学を卒業後、一般企業に就職。
結婚・出産を経て主婦業をしていましたが、憧れもあり、看護師になりたいと思う気持ちが強く、看護の道を志すことにしました。 

しかし、学力は大丈夫か、経済的にやっていけるか、子育てとの両立は可能かと多くの不安を抱いていました。
その問題を解決し、学校生活を可能にしてくれたのが大村看護高等専修学校でした。学業は新しい知識を得る楽しみであり、
理解を深めることで達成感も得られ、不安は自然と軽減されていきました。
又、先生方や実習先の指導者の熱心な指導で実習も無事乗り切ることができました。
その結果、2年間の学びに自信を持って臨んだ資格試験に合格し、准看護師の免許を手にしました。 

准看護学生の経済的な問題ですが、授業のない時間帯は診療所で看護助手として働きました。これは看護の勉強にも反映され、漠然とした看護師のイメージが具体的なものになり、結果的に経済的な軽減と共に一石二鳥でした。診療所が大村市医師会に所属していることもあり、学業を疎かにすることなく柔軟に対応していただきました。

 又、子育て・家庭の両立ですが、私は子供が1歳の時に入学したので日中は保育園や祖父母の協力で授業を休むことなく卒業できました。学校には子育て中の人も多く、皆で子育ての情報交換をしながら上手く両立していきました。こんな事は准看護学校でなくてはできないことですよね。実習の日以外、授業は半日が大半で自分の趣味を楽しむことも可能です。私は大村看護高等専修学校で資格はもちろんのこと大切な友を得ることが出来ました。今、同じ医療の分野で頑張る友は良い刺激になっています。一生の宝物です。

今、日本は超高齢社会となっています。看護師の活躍の場も病院から家庭へと移り変わりはじめ、多様なニーズに対応出来る質の高い看護が求められています。
准看護師資格の取得後は正看護師や保健師等、活躍の場を広げる事も可能です。
私は今後、進学して緩和ケアの認定看護師になりたいと考えています。准看護学校の学びを通し准看資格を取ることで自分の可能性は広がります。
私のこのつたない文章が不安を抱える入学希望者の背中を押すきっかけになることを願っています。

 看護師は素晴らしい職業です。是非、大村看護高等専修学校で勉強してもらいたいと思います。

                      
   平山さくら